大阪のマンションを高く売りたいあなたへ
美人秘書が優しく教えるマンション売却ガイド

売却価格相場を知る

マンション売却を成功させるために知っておきたい、不動産相場の調べ方についてまとめました。

マンション売却を成功させるための相場の調べ方

マンションなどの売却を考えたとき、まずは自分自身で「この物件はいくらくらいで売却できるのか?」をある程度調べてみることが大切です。不動産会社にいきなり査定をしてもらうという手もありますが、相場を知らないと「査定金額が高いのか・相応なのか・低すぎるのか」を判断することができません。

以下に自分でできる相場の調べ方をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

不動産情報サイトを利用する

物件の相場を調べるのに適しているのが、不動産情報のポータルサイトです。有名なところで言えば、Yahoo!不動産・SUUMO(スーモ)・アットホーム・ホームズなどでしょうか。どのサイトでも、地域と物件の種類を選択すれば登録されている情報が表示されるため、情報収集が簡単。

それぞれのサイトで登録物件が異なるため、複数のサイトから情報を集めると良いでしょう。

国土交通省の土地総合情報システムを利用する

国土交通省が提供する土地総合情報システムを利用すれば、土地の価格相場をリサーチすることができます。名称は土地となっていますが、中古マンションの等の取引価格を調べることも可能です。

土地総合情報システムでは、まず「不動産取引価格情報検索」をクリック。画面左側にある「種類を選ぶ」というメニューから中古マンションを選択したら、その下にある「地域を選ぶ」から売却したいエリアを選びます。

すると、過去に取り引きされた物件の価格・時期・概要などが表示されるようになっています。売却したいエリアの情報が少ない場合は、近隣エリアも参考にしてみましょう。

指定流通機構(レインズ)の取引情報検索を利用する

指定流通機構(レインズ)とは、不動産会社が利用している不動産データベースのこと。

このシステムは基本的に不動産会社しか利用できませんが、指定流通機構が保有する売却物件の成約価格等の取引情報を「REINS Market Information」で公開しており、こちらは誰でも閲覧できるようになっています。

REINS Market Informationでは、売却したい物件をマンション・戸建てから選び、都道府県・おおまかな地域を選んで検索。追加検索条件で詳細な地域・間取り・専有面積などを指定できるので、より細かいデータをチェックできます。

所在地に関しては町名までの表示となっているので、同じエリアで似た条件の物件価格を調査してみると良いでしょう。

ネットの一括査定を利用する

マンションをはじめとする不動産の査定は、不動産業者に依頼するのが一般的です。しかし、相場だけを知りたいのに査定を頼むのは気が引ける…という方も多いのではないでしょうか。

そんなときに便利なのが、ネットの不動産一括査定。大手不動産会社や地元密着型の不動産会社まで幅広く登録しており、ネットで必要事項を入力すれば複数の不動産会社に査定額を出してもらうことができます。

ネットの一括査定は無料で利用できますし、入力も数分で終わるため非常に手軽。依頼した業者の数だけ査定額をチェックできるので、売却を希望するマンションの相場がおおよそ掴めてくるはずです。

マンション売却相場と築年数の関係を解説【大阪】

不動産の相場の調べ方について説明をしたところで、ここからは大阪のマンション売却相場に視点を合わせて、築年数との関係や実際の数字を出して説明をしていきます。

売るタイミングは「5年以内」が理想

下記の表は、築年数別の坪単価の遷移をまとめたものです。

築年数 坪単価 下がり幅 売却した場合の値段(万円)
50坪 40坪 30坪 20坪
築1年 163.2 ---% 8,160 6,528 4,896 3,264
築5年 137.4 84.2% 6,870 5,496 4,122 2,748
築10年 109.0 66.8% 5,450 5,450 3,270 2,180
築15年 89.6 54.9% 4,480 4,480 2,688 1,792
築20年 69.3 42.5% 3,465 3,465 2,079 1,386
築25年 64.1 39.3% 3,205 3,205 1,923 1,282
築30年 64.0 39.2% 3,200 3,200 1,920 1,280
築35年 57.3 35.1% 2,865 2,865 1,719 1,146
築40年 49.9 30.6% 2,495 1,996 1,497 998

※坪単価の数字は「三井住友トラスト不動産」のHPを参考しています。

坪単価の遷移で注目したい箇所は、「築5年~築10年の下がり幅が大きい」という部分です。20%近く一気に下がり、その後は緩やかな下がり幅になっていきます。特に築20年を超えた物件になってくると、大きな下落はなく、かなり緩やかになります。

ここから読み取れることは、マンションを売るなら10年以内のできるだけ早いタイミング、5年以内が理想ということになります。

築10年以上であれば、価格に大きな変化はないため、それほど売り急ぐことはありません。

マンションを売る時の3つの注意点

では、実際に売るとなったとき、どのような点に注意すればよいでしょうか?

相場を調べて売り値のボーダーラインを決める

まずは自分自身が、どれくらいの値段で売りたいのかという数字を決めておくことが基本になります。自分の希望だけでなく、相場を調べてから売り値の目安を決めることが大切です。見当違いの高い金額で売りに出せば、いくらいい物件でも買い手はつかないでしょう。

情報を集めて総合的に売値を判断すること

相場を調べることと並行して、他の情報も集めていきましょう。例えば、売りたいマンション物件がある地域の地価はどうなっているのか。今後、どのように変わっていくのかなどです。加えて、近隣で売れている物件がどのくらいの値段なのかも不動産業者に確認しておきましょう。

これらを全て総合的に判断して、売り値を決めていくわけです。特に不動産業者からのアドバイスには、信頼できる情報がたくさんあるはずです。ただし鵜呑みは禁物。不動産業者も商売ですので、一歩引いて話を聞くくらいがちょうどいいでしょう。

ともあれ、様々な角度からモノを見て、総合的に判断して売値を決めることが重要です。

売却の流れをしっかりと把握しておくこと

不動産業者の担当が熱心な人だと、色々手を尽くしてくれるため、任せきりなってしまうケースもありますが、やはり大まかな流れだけでも把握しておくべきです。

予期せぬことが起きたとき、何もわかっていないと売るタイミングを逃してしまう可能性もあります。そうならないためにも、不動産業者にはその都度状況を確認し、全体の動向は把握しておきましょう。