大阪のマンションを高く売りたいあなたへ
美人秘書が優しく教えるマンション売却ガイド
HOME » 知らなきゃ損する!マンション売却の基礎知識 » 高く売れる不動産とは?

高く売れる不動産とは?

マンションや一戸建てなど、不動産を高く売るために押さえておきたいポイントをご紹介しています。

不動産を高く売るためのポイント

マンションなどの不動産をできるだけ高く売るには、以下のようなポイントを押さえておくことが大切です。

アクセスが良い

高く売れる不動産の特徴として、「駅からのアクセスが良い」という条件が挙げられます。中古マンションのマーケットでは新築マンション以上に利便性が重視されるため、駅から近ければ近いほど◎(一般的には徒歩5分以内)。

とくに今後増えるであろう高齢層・単身者・DINKs(子どもを意識的に持たない共働き夫婦)などは、駅からのアクセスが良い物件を希望すると予測されます。

住環境・ロケーションが良い

閑静な住宅街にあり、眺望のよい不動産は中古マーケットでも高く売れる傾向にあります。近隣に大きな公園がある・緑が豊富・道路が広く街並みがゆったり・商業施設や公共施設が近い・小中学校が近い、といった条件は価格にも良い影響を及ぼすのです。

どんなに駅からのアクセスが良くても、周辺環境が騒がしかったり治安が悪い場合は高値での売却は難しくなるでしょう。

大規模・高層マンションである

大規模マンション(200戸以上)・タワーマンション(20階以上)の物件も、相場より高く売れることが多いです。大規模マンションは敷地が広くてゆったりしており、キッズルーム・プレイロット・コンビニ・スポーツジムといった共有施設も充実。

管理人やコンシェルジュが常駐しており、管理や清掃が行き届いているケースが多いのも人気のポイントです。

タワーマンションでは、階数の高い物件ほど高く売却される傾向があります。階数が高い方が当然眺望も良いですし、日当たりも良好。タワーマンションともなると街のランドマーク的な存在としても注目されるため、そこに住むということにステータスを感じる人も多いようです。

管理の状態が良い

マンションの管理状態は、売却価格に大きな影響を及ぼします。エントランスやゴミ捨て場などが汚い・共有部の清掃が行き届いていない・植栽などが手入れされていない・施設の老朽化が目立つ、といった部分は買主に悪い影響を与えるもと。

管理状態が悪いマンションは見た目ですぐに分かってしまうため、どんなに物件の内装をキレイにしても高く売るのが難しくなってしまうのです。

管理状態の良いマンションは、住民の「自分たちの住むところの価値を自分たちで上げる」という意識が高いものです。そういったマンションは住み心地も良いため、自然と人気も高まるでしょう。