大阪のマンションを高く売りたいあなたへ
美人秘書が優しく教えるマンション売却ガイド
HOME » 知らなきゃ損する!マンション売却の基礎知識 » マンション売却に必要な書類

マンション売却に必要な書類

マンション売却の際に必要となる各種書類の情報をまとめました。

マンション売却の必要書類まとめ

マンションの売却には、契約時・引き渡し時にさまざまな書類が必要となってきます。スムーズに売却を進めるためにも、内容をしっかりチェックして準備を進めておきましょう。

登記済権利書または登記識別情報

「登記済権利書」とは、登記名義人に対し法務局から公布される書類。その物件の真の所有者が登記名義人であることを証明するものです。

売却するマンションが平成17年以降に取得されたものの場合は、登記済権利書の代わりに12ケタの番号が記された登記識別情報が発行されていることもあります。

固定資産税納税通知書

固定資産税納税通知書とは、固定資産税の納税額を確認するために必要となる書類。移転登記などに必要な登録免許税を算出する際にも用います。不動産の所有者には毎年5月に送付されている書類なので、必ず最新のものを用意しましょう。

売買契約書

売却するマンションを購入する際に締結された契約書です。売買契約書では、物件の状況や特約の有無について確認できます。

重要事項説明書

売却するマンションを購入する際に受け取った書類。「対象物件に関する事項」「取引条件に関する事項」など、契約に関する重要な情報が説明されています。

マンションの管理規約・使用細則など

マンションの所有者に配布されている管理規約・使用細則などの冊子です。これには、ペット飼育の可否・管理の状況などが詳しく記されています。

マンションで生活するにあたって確認しておきたい事項が記載されているので、売買契約以前のタイミングで提示するようにしましょう。

売主の本人確認をするための書類

売主の身分を確認するための、身分証明書(運転免許証・住基カード・パスポートなど顔写真つきのもの)・実印・印鑑証明書・住民票などです。売却するマンションの所有者が複数いる場合は、所有者全員分の本人確認が必要となります。

住民票や印鑑証明書などは、発行日から3ヵ月以内のものを準備しましょう。