大阪のマンションを高く売りたいあなたへ
美人秘書が優しく教えるマンション売却ガイド

大阪のマンションを納得のいく価格で売却するには?

マンションを売却するなら、誰でもできるだけ高値で取引をしたいもの。
だけど、きちんとした知識や下準備なしに話を進めてしまうと、思った以上に損をしてしまう可能性があるから注意が必要よ。
当サイトでは、マンションを売るにあたって知っておきたい不動産会社の選び方や相場の調べ方、売却までの流れ、おすすめの不動産会社を分かりやすく解説するわ。ぜひ参考にしてね。

大阪のマンションを納得価格で売却するコツを説明する美人秘書

大阪の投資マンション売却市場動向をチェック

大阪の投資物件の売却市場動向はどのようになっているのでしょうか。

近畿レインズが発表した2017年1~3月期の近畿圏不動産流通市場の動向を見ると、2017年1~3月期の大阪市の中古マンション成約件数は1,004件。大阪府他は1,195件と他の地域よりも高い成約件数であることが分かっています。2017年1~3月期の成約価格は大阪市2,547万円、大阪府他はやや劣るものの1,942万円という結果になりました。

成約価格の推移を見ると、大阪市・大阪府他は2016年1~3月期から大幅に変わることなく安定的。大阪の投資物件の動向は、他の地域と比べて良い状況だと言えるでしょう。

近畿エリア別の動き 中古マンションの成約件数・価格の推移

  成約件数(件)
2016年
1-3月
4-6月 7-9月 10-12月 2017年
1-3月
大阪市
前年比(%)
998 952 866 977 1,004
11.0 2.5 -0.8 5.9 0.6
大阪府他
前年比(%)
1,165 1,072 1,027 1,172 1,195
-9.8 -4.9 1.0 14.3 2.6
  成約価格(万円)
2016年
1-3月
4-6月 7-9月 10-12月 2017年
1-3月
大阪市
前年比(%)
2,319 2,415 2,370 2,500 2,547
7.1 10.8 7.8 12.9 9.8
大阪府他
前年比(%)
1,931 1,866 1,903 1,960 1,942
8.3 3.9 7.1 10.1 0.6

出典:近畿圏不動産流通市場の動向について(2017年1~3月期)/[国土交通大臣指定]公益社団法人近畿圏不動産流通機構 近畿レインズ

大阪の市場動向の特徴として、以下の3つが挙げられます。

東京に比べて6~8割の相場である

大阪のワンルームマンションの価格相場は、東京の新築物件の約80%程度だと言われています。家賃相場は月5~7万円台。どちらも東京に比べて6~8割の相場だと言えます。

単身者が増加している

昨年、総務省より公表された平成27年の国勢調査人口等基本集計によると、大阪市の一般世帯数135万2,413世帯のうち約49%の65万7,205世帯が単身者であることが分かりました。単身者の数は、前回の調査である平成22年から約2%増加。今後も増えていく可能性が考えられるでしょう。

その要因のひとつには、オフィス街への高層マンション建設の増加が考えられています。特に、再開発が進んでいる大阪北部と天王寺・阿倍野エリアでは高層マンションが続々と建設。周辺地域の整備が着々と進み、大阪市内で働く人々の住まいとして人気が集まっています。今後は単身者だけでなく、子どもがいない共働き夫婦の数も増加するかもしれません。

利回りが高くなくても駅の付近など需要のある都市部がおすすめ

都市部を外れると家賃や地価が下がってしまいます。たとえ利回りが高くなくても、需要が高い都市部をしっかり狙うのがオススメです。特に駅付近や商業施設が集まる地域、学校周辺は入居者が集まりやすいと言われています。今後の建設状況や土地環境を見据えた投資を行いましょう。

投資したいマンションに特化した会社を選ぶことが成功のカギ

自分の不動産を高く売るためには、不動産会社の選び方が成功を左右するといっても過言ではありません。

所有する不動産の売却を依頼するときは、売買物件の媒介業務を取り扱っている不動産会社を選ぶのがオススメ。不動産会社には、土地や一戸建てを中心に扱う会社、中古マンションを扱う会社など様々な特徴があります。なるべく投資したいマンションのタイプを得意としている不動産会社を選ぶようにしましょう。

そして、査定額だけで決めないこと。適正な査定を行うノウハウ、対応スピードの速さ、やり取りから見えてくる誠実さを踏まえて、本当に信頼できる不動産会社と媒介契約を結ぶことが大切です。

ここで、ワンルーム(区分)と一棟マンションそれぞれに特化したおすすめの不動産会社を紹介します。

ワンルーム(区分)を売るなら
おすすめの会社はここ!

収益マンションの売買仲介に特化したプロフェッショナル集団

クリアHPキャプチャ

クリア

会社概要

所在地

兵庫県神戸市中央区御幸通4-2-15 三宮米本ビル

アクセス

各線「三ノ宮駅」徒歩6分

営業時間

9:00~19:00

クリアのおすすめポイント

ワンルームマンションの売買仲介に特化した不動産会社よ。専門の担当者が豊富な情報量とノウハウを活かして、利回り・相場を考慮した適正な査定を行っているわ。海外ネットワークを持っているのが強みで、物件をできるだけ早く高値で売ることを重視しているの。顧客からの信頼の高さやリピーターが多いのも納得ね。

おすすめポイントを説明する美人秘書

事例

  • ■中古区分マンション
    ・所在地:大阪府大阪市都島区
    ・価格:1,180万円
    ・築年月:2007年3月
    ・建物面積:23.6m2
    ・間取り:1K
    ・利回り:7.01%

  • ■中古区分マンション
    ・所在地:大阪府大阪市北区
    ・価格:1,050万円
    ・築年月:2007年8月
    ・建物面積:20.62m2
    ・間取り:1K
    ・利回り:7.2%

オーナーの声

管理手数料の安さと、いつも誠実な担当者に感動しました。

担当者がとにかく誠実で、管理手数料も魅力的だったため、管理を委託してからずっとお付き合いさせていただいています。以前の不動産会社と違って報告がマメで、とにかく親身になって動いてくれます。故障修理においても、少しでも負担が少なくなるよう、担当の方が休日にホームセンターに行ってくれたことを後から知って感動しました!私のような不動産の素人にとって、信頼できる担当者さんとの出会えたことは幸運だったと思います。

一棟のマンションを売るなら
おすすめの会社はここ!

投資用一棟マンションを豊富に取り扱う専門業者

ジャパンアスリート

ジャパンアスリート

会社概要

所在地

大阪府大阪市旭区高殿4丁目17-14 ジャパンアスリートビル

アクセス

大阪市営地下鉄「四ツ橋駅」徒歩5分

営業時間

10:00~20:00

ジャパンアスリートのおすすめポイント

投資用一棟マンションの取り扱い数が多く、利用者それぞれの希望に合った物件を紹介してくれるわ。入居者が決まる(収益が上がる)物件の特徴を熟知しているから、失敗の少ない投資が期待できるわよ。

おすすめポイントを説明する美人秘書

事例

  • ■中古一棟マンション
    ・所在地:大阪府大阪市中央区
    ・価格:9億1,000万円
    ・築年月:2013年3月
    ・建物面積:2030.09m2
    ・間取り:1K×26戸、1DK×28戸
    ・利回り:6.54%

  • ■中古一棟マンション
    ・所在地:大阪府枚方市
    ・価格:3億4,800万円
    ・築年月:1994年9月
    ・建物面積:1331.88m2
    ・間取り:3DK×16戸、3LDK×2戸、管理室
    ・利回り:6.78%

オーナーの声

担当スタッフが親身に相談に乗ってくれました。

担当営業さんの知識や情報も豊富でとても頼りになります。希望に応じたマンションの紹介はもちろん、資産形成などのアドバイスもしっかりしてくれるので安心です。投資に関してはほぼ初心者だったのですが、おかげさまで良い結果に恵まれています。

大阪市・豊中市・吹田市など大阪のマンション売却相場

大阪は全国で46位と狭い面積でありながら、全国3位の人口を誇る大都市。アクセスのよい中心部とちょっと離れたエリアでは、マンションの価格相場も大きく異なってきます。このカテゴリでは、大阪を北部(吹田・豊中など)・中央部(大阪市・守口・枚方など)・南部(堺・富田林など)といった3つのエリアに分け、それぞれのマンション売却価格相場を調べてみました。

マンション売却成功のための
3つの法則

ここでは、マンション売却を成功させるために知っておきたい情報を紹介しています。

法則
1

売却価格相場を知る

マンションを売却する前には、まず自分で「この物件はいくらくらいで売却できるのか」を調べてみることが大事。誰でもできるマンションの価格相場の調べ方をまとめてみましたので、まずは情報収集からスタートしましょう。

法則
2

信頼できる仲介会社を選ぶ

マンションをスピーディーかつ納得のいく価格で売却するには、最初の不動産仲介会社選びが非常に重要となってきます。信頼できる仲介会社を選ぶにはいくつか押さえておきたいポイントがあるので、しっかりチェックしておいてください。

法則
3

売れるタイミングを見極める

マンション売却を成功させるには、売りに出すタイミングを見極めることが大事。どれくらい準備期間を設けたらいいのか、不動産取引における繁忙期・閑散期とは、購入希望者に「住みたい」と思わせる工夫などをまとめています。

知らなきゃ損する!マンション売却の基礎知識

ここでは、マンションを売却する際に覚えておきたい基礎知識について解説しています。

  • マンション売却に必要な書類

    マンションの売却では、契約時・引き渡し時に「登記済権利書または登記識別情報」「売買契約書」など、さまざまな書類が必要となってきます。スムーズに売却を進めるためにも、内容をよくチェックして準備を進めておきましょう。

  • マンション売却の流れ

    マンション売却をスムーズに進めるために覚えておきたい、売却の流れについて解説しています。不動産仲介会社まかせになってしまわないよう、流れを把握して自分でも売却活動に関わっていきましょう。

  • 高く売れる不動産とは?

    マンションをはじめとする不動産には、高く売れるための条件があります。とくに投資用のマンションを購入する際には、最寄駅からのアクセス・住環境・管理状態などのポイントを押さえておくことが大切です。

  • マンション売却にかかるお金

    マンションの売却には、売り手側にもある程度の費用が必要となります。どういった費用が必要となるのか、支払うタイミングはいつなのか、具体的な金額とともに詳しく紹介しています。

  • 空室のワンルームマンション売却

    ワンルームマンション売却で利益をあげるためには空室状態と入居状態どちらがよいのでしょうか。物件を売却すべきかどうか、売却前にできる空室対策についてまとめています。

  • ワンルームマンション投資事情

    ワンルームマンションの投資をするなら、実は東京よりも大阪が狙い目。ここでは、大阪をおすすめする理由・狙いたい物件の特徴・出口戦略などをご紹介します。投資を検討している方が知っておきたい情報ばかりです。

一棟・ワンルームマンションにおける売却の違い

ここでは、一棟投資・ワンルームマンション(区分投資)における売却の違いについてご説明していきます。

ワンルームマンションのほうが売却しやすい

一棟投資よりもワンルームマンションのほうが売却しやすいと言われています。

不動産投資物件の売買で、取引件数や流通量が最も多いのはワンルームマンション。低価格・流通物件数が多いこともあり、一棟投資に比べて売却しやすいのです。特に1000万円未満のワンルームマンションは流動性が高く総額が安いため、不動産投資が初めてでもチャレンジしやすいでしょう。

またワンルームマンションは現金で購入できるものが多いため、手元にある余裕資金の投資先を他の方法と比較しやすいというメリットもあります。

売却時にかかる税金の額が異なる

一棟・ワンルームマンションでは物件の価格が異なるため、売却時にかかる税金の額も変わります。

一棟投資の場合、保有期間5年以下は短期譲渡所得、5年以上は長期譲渡所得が発生します。短期譲渡所得は39%、長期譲渡所得は20%の税率を支払わなければなりません。

このとき、カギとなるのが保有期間の数え方。購入日から売却した年の1月1日までを保有期間として数えます。例えば、2013年4月1日に購入した一棟マンションが長期譲渡所得の対象となるには、2018年1月1日以降に売却する必要があるのです。

ワンルームマンションの場合、購入時の価格よりも売却価格が安くなった、利益が3,000万円以下であれば非課税になりますが、必ず確定申告を行いましょう。

ワンルームマンションは融資の影響を受けにくい

投資向けのワンルームマンションは好立地であることがほとんど。銀行の融資対象エリアから外れるケースが少ないため、売却の際に困ることがありません。

一棟投資だと売却の際に持っている物件のエリアが銀行の融資対象から外れてしまうケースがあります。融資対象は、地震や津波といった自然災害が想定されない場所と銀行の方針によって突然決定する場合も。自身の物件が融資対象エリアから外れてしまうと、なかなか売却できなくなる可能性があります。

売却時の仲介会社選びは慎重に

不動産売却を成功させるためには、信頼できる不動産会社に仲介をお願いする必要があります。納得のいく価格で物件を売却するために、以下のポイントを押さえて不動産会社を選びましょう。

自身が持つ物件の売却を得意とする仲介会社を選ぶ

まず重要なのが、売りたい物件の売却に長けている仲介会社を選ぶこと。仲介会社は、マンション売却を専門としている会社、一戸建て・土地を中心に扱っている会社などにそれぞれ分けられます。マンションを売却したい人が一戸建て専門の仲介会社に依頼しても、スムーズな売却は難しいでしょう。マンションを売却するなら、マンション売買を得意とする仲介会社を選んでくださいね。

担当営業は信頼できるか

査定を依頼する際、担当営業の態度・身だしなみ・言葉使い・対応などを見ておきましょう。依頼主の目線で対応してくれるか、説明の分かりやすさも大切です。「不動産のプロにお願いしたらうまくいく」と安心せず、売り主も売却に携わっていると意識をするべき。ひとつでも不安を感じたら、不動産会社に問い合わせて担当を変えてもらう、他の仲介会社へ依頼するなどを検討しましょう。

豊富なネットワークを持っているか

売却を依頼する仲介会社が豊富なネットワークを持っているかもチェックするべきポイントのひとつ。物件を早くスムーズに売却するには、多くの販売経路を持つ仲介会社の選択が重要になります。売却物件をレインズに登録して情報を幅広く宣伝するのはもちろんのこと、独自の販売ルートを持っているかも確認しましょう。日本だけでなく、海外にもネットワークを持っている仲介会社がオススメです。

査定額が相場からかけ離れていないか

仲介会社に査定を依頼した際、見積もり額が相場と離れすぎていないかも重要。査定価格が相場よりも高すぎる場合、物件が売れ残ってしまう恐れがあります。不動産売却は売ることが目的なので、査定額を高く提示した業者が必ずしも良いというわけではないのです。

最近では囲い込み目的の悪質業者も存在します。査定額が不安な場合は、なぜこの金額設定なのかを問い合わせてみてくださいね。

両手取りをしないか

仲介会社のなかには、売り主と買い主どちらからも仲介手数料をもらう「両手取り」を狙っている会社もあります。レインズへの掲載を行わなかったり物件の内覧をことわったりと、販売経路を独占しているケースも。怪しいと思ったら物件の販売活動状況を担当者に確認しましょう。

大阪のマンション売却についてコメントする美人秘書のプロフィール

秘書・鈴木優子のプロフィール

  • 趣味:プロレス観戦、ひとり旅、ネイル
  • 好きな男性のタイプ:年下で犬っぽい人
  • 休日の過ごし方:家でプロレスのDVDを見る

コメントcomment

大阪のマンション売却についての情報をできるだけ「詳しく分かりやすく紹介すること」をモットーにしているの。納得のいく売却ができるように全力でサポートさせていただくわ。